採用情報

Recruit

自分らしいキャリアを描く

業務SESystem's Engineer

2012年入社システム開発事業部

授業でプログラムを作った際に楽しかった経験から、情報処理を専門的に学ぶ道に進み、その後年金関連のシステムに13年従事。
上流工程から下流工程まで数多く関わり、個人事業主や契約社員も経験し、将来性を考えて8年前に入社。
複数の自社開発案件について上流工程、テスト計画、品質管理など横断的に関わる。
座右の銘は「やるだけやったら寝て待て。とことん落ちたら上がってけ。」

仕事内容を教えてください。

社内案件の業務サポートを行っています。

自社内で実施している各一括案件について横断的に業務サポートと品質管理を担当しています。主な仕事内容は、業務仕様のフォロー・ドキュメント作成サポート・テストバリエーション精査・テストエビデンス精査などです。
また、下流工程で発生する課題や問題についてユーザー要望や業務仕様をもとにどうすべきか助言各工程の成果物作成方法のサポート・助言・成果物の評価・指摘結合テストやシステムテストのバリエーションとテストエビデンス作成サポート・助言なども行っています。
主にサポート系の業務になるのですが、出来るだけ全体を意識して仕事をするようにしています。

ビュフォートに入社した動機は?

技術者の人物面を評価してくれることに目新しさを覚えました。

業務内容に魅力を感じたことはもちろん、ビュフォートでは書面上で見えるスキルではなく人物面を評価してもらえたことが入社の決め手となりました。
以前の職場では同じ案件に10年以上携わっていたのですが、「同じ案件にこんなに長く入っていたということは、お客様からとても信頼されていた証拠ですね」と肯定的に受け止めてもらえたことが嬉しかったです。
採用活動のサポートをすることもあるのですが、自分もその方の技術力だけでなく、人となりを知ることができるように工夫して質問するようにしています。

どんなところに仕事のやりがいを感じますか?

感謝の気持ちが原動力に。

過去に自分が携わった案件で、エンドユーザーから「この機能を作ってくれてとても助かっている」と言っていただけた経験や、自分がこれまでに培った知識や経験などを後輩へ伝えて感謝されることもあり、これまで自分のやってきたことが人の役に立っていると思えるところがやりがいとなっています。
また、前職では「モノをつくる」というのがメインでしたが、ビュフォートでは後輩の育成やプロジェクト全体のサポートを担当するようになり、今までとは違うキャリアを進めているというのもやりがいにつながっていると思います。

これからの目標を教えてください。

エンジニアとしてより価値のある人材を輩出したい。

エンジニアを育てる際、ほとんどの会社が技術面だけに注力しがちですが、私自身の経験として、エンジニアのキャリアフローには技術を磨くだけではなく、自分の得意な分野でキャリアアップをしていく道もあると思っています。
私は業務を組み立てたり、全体を見てフォローすることが得意なので、調整力やコミュニケーションスキルを活かした分野にチャレンジし、経験を積むことができました。
後輩には、技術面以外にも自分が持っている成長につながるような知識や考え方を伝えていきたいです。
それらを自分のものにして、その人にしかない価値を持った人材になってほしい、と考えています。

社員インタビュー一覧へ

エントリー方法・採用に関する
お問い合わせ

Contact

当社の中途採用の応募をご希望の方は、下記よりご連絡ください。

採用担当から、折り返し、エントリー方法をご連絡します。